Home > Support > FAQ
 FAQ
PAS(販売終了)
 

PAS

 
Q. PIOLINKを二重化(Fail‐over)することはできますか。
A.

PIOLINKは二重化を通じたFail‐over構成が可能です。Active‐Standbyで動作するほか、多様な方式のFail‐over構成をサポートしています。Fail‐overプロトコルとしては、従来最も多く使用されるVRRP(Virtual Router Redundancy Protocol)とHSRP(Hot Standby Router Protocol)の長所を兼ね備えたE‐VPRP(Extended Virtual Router Redundancy Protocol)というPIOLINK専用Fail‐overプロトコルを使用し、正確で速やかなFail‐over動作を実現しています。


Q. PIOLINKを設置する場合、従来のネットワーク構成をそのまま使用することはできますか。
A.

PIOLINKは従来の全てのネットワーク構成をそのまま利用し、設置することができます。これは、ネットワーク構成をブリッジで設定することができるためです。


Q. L4-7 Switchは技術的サポートが大変重要かと思われますが、PIOLINKにおけるサポートはどのようになっていますか。
A.

パイオリンクは優秀な機能や性能の維持のため、L4-7 Switchの核心技術力の強化に向けた努力だけでなく、取引先および協力会社に対する専門的かつ速やかなテクニカルサポートを通じ、お客様に満足して頂けるよう最善の努力を尽くしています。パイオリンクのPIOLINKをお買い求めになったお客様やパイオリンクの協力会社は、この点に対し大きく評価しています。パイオリンクは、お客様と協力会社に満足頂ける製品やサービスを、速やかにそして的確に提供することができてこそ、企業の堅実な成長につながるとの信念の下、これからもより優れた技術サポートの提供を目指し、最善を尽くします。


Q. L4 スィッチは高価の装置だと認識していますがPIOLINK製品の価格はどうですか
A.

パイオリンクのPIOLINKは優秀な性能、多様な機能、簡単な設置および管理環境を提供しながらも、ライバル会社の高価な装備に比べ低価格でご利用頂けます。パイオリンクはPIOLINKの製作に必要な全ての核心技術を独自に保有しているだけでなく、消費者の求めるL4-7 Switchの開発に向け、最善を尽くしています。


Q. PIOLINKが備えている機能は何ですか
A.

PIOLINKはL4-7 Switchで、ネットワークトラフィックを分散させる装備です。従来のネットワーク網に見られるように、Server、Firewall、VPN、 Cache Server、インターネットラインなどが単一の構成を成している場合、全てのトラフィックはGW1つに集中するようになり、多くの問題を引き起こすようになります。ところが、PIOLINKを使用することで、単一構成を二重化、三重化させ、発展させることができます。よってトラフィックは分散され、可用性(HA)は高まります。 PIOLINKのL4 Switch機能を使用すると、ネットワークアドレスやサービスポート別に、ネットワークトラフィックをロードバランシングすることができます。 PIOLINKのL7 Switch機能を使用すると、コンテンツ別のロードバランシング、およびサービスに対する多様なQoSを行うことができます。また、強力なウイルスウォール機能で安全なサービスを提供することができます。 PIOLINKはお客様のネットワーク環境を、最も速く安定した環境に作り変えるL4-7 Switchソリューションです。


Q. サービスを提供するサーバに障害が生じた場合、サービス回復までどのくらいの時間がかかりますか。
A.

PIOLINKはサーバの正常運営状態を点検するHealthcheck Timeを通常5秒に設定しています。よって、サービスを提供するサーバに障害が生じた場合、サービス回復に必要な所要時間は約5秒となります。そのため、サービス利用者も気付かない程の短い時間でサービスを正常回復します。PIOLINKのサーバに対するHealthcheck Timeは、設定の変更ができます。 しかし、Healthcheck Timeがあまりにも短いと、トラフィックが突然増加した場合、サーバに対する反応が遅れ、Healthcheckのエラーが発生する可能性があります。したがって、サーバ管理者とよく話し合った上で設定することが望ましいでしょう。


Q. クライアントのセッション接続維持は、どのような方法で行われていますか。
A.

PIOLINK SLBはWeb Service利用者に一貫性のあるサービスを提供しようと努力しています。そのために、同じClientからのサービス要請は同じサーバで処理されるよう、次のようなさまざまな方式の持続的接続機能をサポートしています。


Q. クラスターを構成する際、それぞれのサーバに別々にアクセスしてマネジメントすることはできますか。
A.

Bridge Modeで構成すれば、外部ネットワークからも内部サーバへのアクセスが可能となるため、外部からアクセスするSLBのVIPをサーバ別に別途指定しなくても、それぞれのサーバをクリアーにマネジメントすることができます。また、サーバをクラスターで構成した場合にも、サーバごとのアクセスおよび管理は可能です。


Q. SLBを構成する際、WANやLANを必ずNATで構成しなければなりませんか。
A.

SLBを構成する際、WANやLANを必ずNATで構成しなければなりませんか。 その必要はありません。NAT構成だけをサポートする大部分の他社製品とは異なり、PIOLINKはNAT modeだけでなく、RemoteやLocalが同一ネットワーク上に存在するBridge modeによる構成もサポートしています。 Bridge modeによる構成は、ネットワークを運営する際に多くの利点を生み出します。クリアーなネットワーク運営を行うことで、SLB下のサーバをそれぞれManagementすることができます。また、外部の認証サーバと連動させる場合、NAT構成では不可能だった構成も実現可能となります。


Q. サーバを運用する際、PIOLINK(L4-7)を使用する利点は何ですか。
A.

PIOLINKでSLBを構成すると、構成前に比べTrafficをサーバ別に分散しサーバ運用の効率を高めることができます。また、一方のサーバに障害が発生した場合でも、もう一方のサーバにその役割を引き継がせることができるため、サーバ運用の可用性が高まります。一言で、クライアントに対し、より速く安定的なサービスを引き続き提供することができるようになります。 また、PIOLINKのL7 Switchの機能を利用し、アプリケーションやコンテンツ別にTrafficを分散することができるため、ハイレベルなトラフィック分散とサーバ運営が可能になります。


| SITEMAP | 個人情報の取扱い |
COPYRIGHT(C) PIOLINK, Inc. ALL RIGHTS RESERVED