マルウェア・ランサムウェア
導入事例 斎藤特許商標事務所
導入事例 大原野こども園
特徴
 

時代の進化やビジネス規模の拡大に伴い、サイバー攻撃も飛躍的なスピードで過激化・多様化しています。
メールの添付ファイルを開いたら感染する従来のウイルス・マルウェアに加え、WEBサイト閲覧時の感染や、内部拡散をするランサムウェアなど多数の脅威にさらされております。
感染・侵入を前提としたセキュリティ対策を行うことが大切です。

感染が前提であるならば、その「悪意ある通信」を止められれば攻撃は失敗に終わるはず。
TiFRONTは、通常通信はそのままに、攻撃性がある不正なトラフィックのみを素早く検知し、これらを外に出しません。 既存のセキュリティ対策に加えて、L2スイッチでも多層防御を行えます。


TiFRONTセキュリティスイッチは、攻撃などの内部拡散防止に加え、不正通信の遮断を行い、感染・拡散の防止に効果を発揮します。
また、ネットワーク利用上頻繁に起こりうる、「ループの防止」にも効果を発揮するため、ネットワークダウンを防ぎ、影響を最小限にすることができます。


TiController(ティーコントローラー)は明瞭な管理画面でネットワーク内を可視化・監視します。
異常があれば詳細ログを確認でき、遠隔拠点に設置されたTiFRONTも一括管理・監視が可能。
専任のエンジニアは不要です。

TiControllerはサービスタイプ・パッケージタイプの2種類で提供しており、パッケージタイプはWindows版とCentOS版の2種類をご用意しております。


| SITEMAP | 個人情報の取扱い |
COPYRIGHT(C) PIOLINK, Inc. ALL RIGHTS RESERVED